top of page

特定技能2号拡大!!!

特定技能2号の拡大!ついに閣議決定しました

《農業など11分野に拡大 永住可能の特定技能2号、政府が閣議決定》

熟練外国人労働者として永住が可能な在留資格「特定技能2号」について、政府は9日、受け入れ対象分野をこれまでの2分野から11分野に拡大する方針を閣議決定した。 これまで建設と造船関連分野に限っていたが、経済界が求めていた一次産業やサービス業などを追加する。

拡大されるのは、農業▽漁業▽外食業▽宿泊▽航空▽自動車整備▽ビルクリーニング▽飲食料品製造▽製造業(産業機械など)-の各分野。長期的・安定的な雇用への道が開かれることになり、外国人材の受け入れは大きな転換を迎える。

特定技能は、人手不足解消のため平成31年4月に開始した外国人の就労を認める在留資格。在留が5年に限定された「1号」と、在留期間に上限がなく家族の帯同が認められる「2号」がある。

入管庁は今後、意見募集(パブリックコメント)を経た上で関連省令・告示を改正。 6年春以降に最初の在留期限を迎える1号の有資格者が2号への移行に必要な技能試験を受験する機会が得られるよう、今秋ごろまでに11分野で必要な技能試験を整備したい考え。

2号移行に必要な試験は、合格率が3割程度とされる各業種の技能検定1級相当に設定される。

特定技能と技能実習制度を巡っては、政府の有識者会議が両制度の見直しを含む最終報告書を秋にも政府に提出する見込み。

記事全文はリンクよりご確認ください↓



閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page