2022年度 外国人雇用規制改革要望!!


経団連が7日、政府に対する「2022年度規制改革要望」を発表しました!

外国人雇用関連の要望は以下の通りです。


この要望が通ることにより外国人雇用は大きく変化していきます。

今回の経団連の基本的な考えは『ポストコロナを見据え、Society 5.0の実現に向けた制度構築が急務。鍵を握るのは 「人」であり、あらゆる人材が活躍できる環境を整え、その価値創造力を最大化 することが不可欠。』がテーマとなっております。

これから大事なのは人であります。


No. 29. 在留資格「特定技能」の対象分野(鉄鋼業)の追加

No. 30. 在留資格「特定技能」の対象分野(コンビニエンスストア)の追加

No. 31. 在留資格「特定技能2号」の対象分野拡大

No. 32. 特定技能所属機関による定期届出頻度の見直し

No. 33. 専修学校卒業生の在留資格「技術・人文知識・国際業務」取得に係る要件緩和

No. 34. 在留資格「技能実習」における申請書類の簡素化


掲載ページはリンクよりご確認ください↓

https://www.keidanren.or.jp/policy/2022/078.html?fbclid=IwAR3Cx0TlqsEKE6_0dV5Rg4cNDzNhLahZvrgvicY4yf0ynZwjFhlERxz_nmU


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示