iStock-1331058479.jpg

①​介護業界の慢性的な人手不足を海外からの優秀な人材で

 今、外国人を介護職員として採用する 事業者が出てきています。実際に外国人を採用した介護事業者からは、職場が明る くなった、職員の一体感が醸成された、 外国人への教育を通じて介護サービスの質の見直しにつながったといった声が 聞かれています。

 また、外国人介護職員に、日本の介護の知識や技術を伝えることは、国際貢献にもつながる取組です。

 外国人労働者の受け入れは日本人の雇用にも影響を与えると考えられるため、特定技能ビザによる受け入れの規模には上限が設けられています。

 

 どれだけの人数を受け入れるかは各分野の人手不足状況に応じて異なっており、定期的に見直しが行われる予定です。介護分野では平成31年から向こう5年間について30万人の人手不足が見込まれており、それに対応して6万人を上限とする外国人を特定技能「介護」資格で受け入れることになっています。

 今後の日本の少子高齢化社会では不足している人材を日本だけでの雇用は厳しい現状です。

 これからの企業を運営していく中で、IT活用で業務改善、企業のブランディングをして自社の強みを生かし、そして海外からの優秀な人材確保をする事が欠かせない時代となるでしょう。

スクリーンショット 2021-08-15 12.22.33.png
介護の技能実習と特定技能の違い.png

​出典:厚生労働省「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計

​②現地での高度な研修と入国後の即戦力へ。​

 現地ので高度な介護研修に力を入れております。

​実践に近い研修を取り入れる事により、入国後に現場での即戦力となります。

 日本語学習や日本のルール(ごみの分別などの諸外国にない規定)、マナー、交通規則、防災だけでなく税の知識など実習生の法的保護に必要な情報の勉強を行います。

2018-12-10 10.30.08.jpg
2018-12-10 10.22.37.jpg

​介護の技能実習生と特定技能の違いについて